レディー

自律神経失調症は治療できる|一人で悩まない

つらい症状を乗り切る方法

顔を覆う人

更年期の不調が起こるわけ

女性の身体は40代から卵巣の機能が徐々に衰えだし、個人差はありますが多くの女性は50歳前後で閉経を迎えます。この閉経前後の10年間(およそ45歳から55歳)を、更年期と呼んでいます。このよう40代から卵巣の機能が衰えだす理由は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少するためです。エストロゲンというホルモンは、排卵を促したり乳房や子宮を発達させるだけでなく、自律神経を安定させる働きも担っているのです。更年期障害とは、このエストロゲンが不足することで身体や精神に様々な不調が表れることを言うのですが、この更年期障害に漢方薬やサプリメントが良い効果を発揮することができ、近年ではとても人気となっています。

漢方とサプリメントの力

更年期障害にはいくつかの治療方法がありますが、手軽に行えるのが漢方薬やサプリメントを摂取することです。漢方薬での治療は、主に症状の緩和を目的とするものです。疲れや冷え・頭痛など、複数の症状に対して効果を得る事ができ、副作用も少ないので人気があります。サプリメントはさらに手軽に試す事ができ、近年注目されています。具体的にはマカ・高麗人参・ローヤルゼリー・大豆イソフラボンなどの原料で作られており、ほてりを鎮めたり抑うつ・月経異常・冷え性など様々な更年期障害の症状に有効です。漢方薬よりさらに副作用が少なく、サプリメントを摂取することで、更年期障害の症状の緩和するために有用な成分を、手軽で確実に摂取する事ができるのです。